AI時代の働き方と法 - 大内伸哉

AI時代の働き方と法 大内伸哉

Add: adokag48 - Date: 2020-12-06 22:47:50 - Views: 2332 - Clicks: 1772

Bib: BBISBN:. 大内伸哉氏(おおうち・しんや)東大法卒、同大博士(法学)。専攻は労働法。現在は技術革新と労働政策が中心的な研究テーマ。人工知能(ai. る現代にあっては,労働法はその役割を終えたと断言し, かつ,おそらく大多数の読者の期待を裏切って,未来に 弘文堂 年1月刊 四六判・並製240頁 本体2,000円+税 おおうち・しんや 神戸大学大学院法学 研究科教授。 大内 伸哉著 『ai時代の働き方と法』.

ai時代の働き方と法―年の労働法を考える - 大内 伸哉 単行本 ¥2,200 この商品は、Amazon. 25) ※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。. そして、今回紹介する大内伸哉『AI時代の働き方と法』(弘文堂、年。以下「本書」という)は、まさにこのような労働法学者による最新の研究成果である。 2.これまでの労働法を概観し、これからの労働法の姿を提言する一冊. 2「5ai時代の人間の強 み・経営のあり方」では、ai(人工知能)の導入が進むな かでの雇用政策のあり方について方向性を示した。本稿で は、この点をさらに詳細に論じていくこととしたい。. ai時代の働き方と法 - 年の労働法を考える - 大内 伸哉 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 1 Description: AI時代の働き方と法 - 大内伸哉 ix, 226p ; 19cm Authors: 大内, 伸哉(1963-) Catalog. 『ai時代の働き方と法―年の労働法を考える』 著者 大内伸哉 著 出版社 弘文堂 isbn発売日 /01/25 価格. 大内 伸哉『ai時代の働き方と法―年の労働法を考える』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。.

「AI時代のその先に待つ働き方の未来像とは【前編】【後編】」(インタビュー)Power of Work. AI時代の働き方と法の本の通販、大内伸哉の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでAI時代の働き方と法を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではビジネス書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 1 形態: ix, 226p ; 19cm 著者名: 大内, 伸哉(1963-) 書誌ID: BBISBN:. Amazonで大内 伸哉のAI時代の働き方と法―年の労働法を考える。アマゾンならポイント還元本が多数。大内 伸哉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

テーマ:ai時代の働き方と労働法 報告者:大内 伸哉 氏 (神戸大学大学院法学研究科教授) 【分科会e】 テーマ:ai時代を生き抜く!大学職員の働き方改革~仕事の「選択」と「集中」を始めよう~ 報告者:sdゼミナール年度修了生. 書名 ai時代の働き方と法; サブタイトル 年の労働法を考える; 監修・編集・著者名 大内伸哉; 出版社名 弘文堂; 出版年月日 年1月25日; 定価 本体2,000円+税; 判型・ページ数 4-6 並製・240ページ; isbn. AI時代の働き方と法 : 年の労働法を考える フォーマット: 図書 責任表示: 大内伸哉著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 弘文堂,. 『AI時代の働き方と法 : 年の労働法を考える』 大内伸哉著 年1月発行 請求記号366. ai(人工知能)は仕事をどう変えるか、ai時代の働き方とこれから. 今後、雇用はより流動化していくと大内氏はいう。 「AIやロボットによって経営環境が急激に変化する中、企業内で社員をシフトするだけで変化に対応しようとすれば、社員は常に不足した状態となり、企業は新しい事業を開発するタイミングを逃してしまいます。一方の働く人々にとっては、成熟産業や衰退産業から脱出し、自分の力を発揮できるところで働き、キャリアを築いていく機会を失ってしまう可能性があります。これは企業にとどまらず、日本にとっての損失だといえます」 そのため今後は、働く人々がキャリアを形成し、成長を続けていくことができる仕組みづくり、労働の需給調整のメカニズムの強化などによる雇用政策が重要になっていくだろうと大内氏は続ける。 労働者と雇用主の関係は、時代とともに変化している。第一次産業革命時に労働法が作られたように、このような社会の変化は、働き方や法律をも変えていく。自営的な働き方が増えていく社会において、労働法はどのように機能していくのだろうか。また、どのようなルールが新しく作られるのか。 労働法は、企業などの労働法でいうところの「使用者」の指揮命令を受けて労働に従事する「労働者」を適用対象としている。自営業は特定の企業に属さず、契約によって仕事をするため、労働法の対象にはなっていない。 「現在、自営業者は働く人全体の約1割に過ぎませんが、時代の変化によってこの割合が増えていくと、労働法の適用対象が減少することが考えられます。 自営業者が働きやすい市場環境を整備したり、自営業をサポートする新しいルールを作ることが必要になってくるでしょう。企業と個人事業主の契約で行われる仕事では、第一次産業革命当時と同様に、強い企業と弱い事業主といった関係が生じる恐れもあります。そこで、契約内容の適正化や優越的地位の濫用防止といった視点からのサポートが必要になるとも考えられます。 このように、人々の働き方が変われば、それに応じてルールも変わっていく可能性があるのです」.

『ai時代の働き方と法―年の労働法を考える』(大内伸哉) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー)。作品紹介・あらすじ:aiによる労働革命の行き着く先は絶望か希望かit、人工知能、ロボティクスによる第4次産業革命は、人類が経験したことのないスピードと規模で、消費や生産. ai時代の働き方と法 大内伸哉著 労働法や雇用慣行の将来は /3/11付 情報元 日本経済新聞 朝刊. 7 朝日新聞の1月7日朝刊で,コメント(AIと雇用関係)。. ai時代の雇用の流動化に備えよ niraオピニオンペーパーno. 10 月刊公明の2月号に,「人生100年時代の働き方,これからのキャリア」が掲載されました。. BOOK REVIEW『AI時代の働き方と法 年の労働法を考える』|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール). 大内伸哉オオウチシンヤ.

平成29年1月 『ai時代の働き方と法ー年の労働法を考えるー』(弘文堂) 平成30年2月『会社員が消える-働き方の未来図』(文藝春秋) 平成30年3月『非正社員改革-同一労働同一賃金によって格差はなくならない』(中央経済社). 自営的就労も視野に入れた法整備 労働法の新たな領域 <関連研究> aiと働き方に関する研究 (年11月~年3月) <関連頁> ai時代の人間の強み・経営のあり方(niraオピニオンペーパーno. 31 年、オックスフォード大学でAI(人工知能)の研究をしているマイケル・A・オズボーン准教授によって、「人間が行う仕事の約半分が機械にとって代わる」と発表がなされ. AI時代の働き方と法―年の労働法を考える. AI時代の働き方と法 年の労働法を考える. 人工知能による労働革命の行き着く先は? 労働法がどのように生まれ、どのように展開し、現状はどのようなものであるのかを確認したうえで、これからの労働法がどうなるかを予想.

大内 伸哉 : 著書紹介〜. ai時代の働き方と法―年の労働法を考える (大内伸哉/弘文堂)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本が. 【tsutaya オンラインショッピング】ai時代の働き方と法/大内伸哉 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本.

ai時代の働き方と法ー. 人工知能(ai)を代表とする技術革新によってもたらされる第4次産業革命に向けて、これからの労働法の在り方について論じた「ai時代の働き方と法 年の労働法を考える」(弘文堂)や、「雇用社会の25の疑問―労働法再入門―(第3版)」(同)をはじめ. AI時代の働き方と法 : 年の労働法を考える Format: Book Responsibility: 大内伸哉著 Language: Japanese Published: 東京 : 弘文堂,. デジタル変革後の「労働」と「法」―真の働き方改革とは何か?. 当事務所のパートナー、仲谷栄一郎弁護士が執筆した下記の書評が日経産業新聞に掲載されました。 「私の本棚 - 「AI時代の働き方と法」(大内伸哉著)」. See full list on adeccogroup. 定価: 2,200円 (2,000円+税) 著者名:大内伸哉 出版社:弘文堂 取り寄せ商品. ai時代の働き方と法 年の労働法を考える 内容紹介 人工知能による労働革命の行き着く先は絶望か希望か。 激変する雇用環境の中、労働法はどのように変わるべきか、そして取りうる政策は.

これまでの歴史の中でも、人の働き方は大きく変化してきた。18世紀、イギリスから始まった第一次産業革命時にも劇的な変化が起き、それに伴って労働者を守るためのルール「労働法」が作られた。 「イギリスでは、第一次産業革命によって機械制大工業が広がり、大きな工場に大量の労働者が集められて働くようになりました。そこには、衛生問題、過労問題、児童労働問題などの悲惨な状況があり、労働者保護のために手を差し伸べる必要があったため、労働法が作られたのです。当時の政府や資本家層にとっても、持続的に優良な労働力を確保できるというメリットが労働法にはあったといえます」 18世紀のイギリスで作られた労働法は、欧米諸国や日本にも普及していった。 「労働法は、指揮監督下のもとに働くという状況を想定して成立しています。ところが、デジタライゼーションやAIによって、個人が自律的に働くようになることで、これまでの労働者像が根本的に変わろうとしています。ですから、その変化に応じて、労働法も変化していく必要があります。」. 大内伸哉 著神戸大学大学院法学研究科教授 四六判/240ページ/定価円+税/弘文堂 book review ―人事パーソン. 1 形態: ix, 226p : 挿図 ; 19cm 著者名: 大内, 伸哉(1963-) 書誌ID: BBISBN:. jpが販売および発送します。 通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細 それにともない働き方も変化し、現行の労働.

ai時代の働き方と法 年の労働法を考える. 「AIに着目したのは、エリック・ブリニョルフソン氏ほかの『機械との競争』や、新井紀子氏の『コンピュータが仕事を奪う』といった衝撃的な内容の本を読んだのがきっかけです。人の仕事、特にホワイトカラーの仕事が奪われていくことは確かなようであり、これは、私のような労働法研究者にとっても無視できないテーマだと思いました」 このように語るのは、神戸大学大学院法学研究科教授の大内伸哉氏だ。 年の野村総合研究所の発表(「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」)では、AIやロボットに代替される仕事として、情報処理や一般事務といったホワイトカラーの仕事があげられている。また、国家資格であっても、税理士、公認会計士などの多くが代替されるといわれている。(職種ごとのAI・ロボットによる代替可能確率参照) 「グローバルな競争に勝つために、企業は、ロボットやAIに定型的な業務を代替させていくでしょう。一方人間は、機械にはできない知的創造性の高い仕事や、AIを活用する側の仕事、そしてヒューマンタッチの要素が大きい仕事をするようになると考えています」 人間の仕事の変化と同時に、リモートワークの拡大など、働き方にも変化が現れている。ICTやデジタライゼーションの進行により、リモートワークが可能になってきている。しかしながら、現在のリモートワークは、会社でしている仕事を家でするといった、在宅勤務のような形に過ぎないと大内氏はいう。一方で、リモートワークの効果的な活用についても語っている。 「リモートワークの本来の良さは時間や場所を自由に設定できることです。それをもっとも享受できるのは、雇用型ではなく自営型の働き方だといえます。今後は、契約によって自分のスキルを企業と取引する、自営型のリモートワークが主流になっていくのではないかと私は思います」 働き方が変化すれば、その変化に応じて企業も変わらざるをえなくなります。これまでの企業構造は、ヒエラルキー型の垂直的な構造であり、上司が部下を監督するといった雇用労働的な部分が大きい組織だった。しかし、仕事がモジュール化され、機械による代替化やアウトソーシングによるネットワーク化が進むことで、企業の構造は水平的になっていくことが想定される。 「企業の存在意義も変化していくはずです。企業は特定のプロジェクトを遂行するために人を集める. 、未来を見据えて大胆に論じる。. 大内伸哉『ai時代の働き方と法』 大内伸哉さんの新著『AI時代の働き方と法 年の労働法を考える』(弘文堂)をお送りいただきました。 いつもありがとうございます。. 著者 大内 伸哉 (著).

/184c3c03b808984c /943268/22 /180323208 /108354205

AI時代の働き方と法 - 大内伸哉

email: ifuha@gmail.com - phone:(244) 993-4279 x 4748

栃木県の英語科参考書 2015 教員採用試験「参考書」シリーズ6 - 協同教育研究会 - 華僑の商法 高木桂蔵

-> M判日めくりカレンダー 2014
-> 忘れ川をこえた子どもたち - マリア・グリップ

AI時代の働き方と法 - 大内伸哉 - しげつらまさし ピピとミミとミドリオバケ


Sitemap 1

おとなのためのピアノ・ペダリング入門 - 千代田明子 - ヨーロッパの小学生 イタリアの小学生 多田孝志